転職エージェント トップ > 転職用語集 > 電気・機械・自動車系技術職用語 > 有限要素法

有限要素法 (ユウゲンヨウソホウ)

有限要素法とは、構造体を仮想的に有限の大きさの要素に分割し、要素の集合体として解析する応力解析の手法のことをいう。有限要素法で求められた応力は、実物で実測した応力と非常によく一致することが明確になったため、信頼できる応力解析法として、各製造メーカーの製品設計などに採用されている。例えば、自動車やその部品、プラント設備などの構造解析に用いられる。有限要素法はマトリックス法とも言われている。

用語に関連する求人情報

 

  • 3分!年収診断
    簡単な質問に答えていただくだけで、すぐに年収の相場を診断できます!
  • 転職チェックリスト
    簡単な項目を入力するだけで、あなた専用のやることリストを作成。
    「今やらなければいけないこと」をお伝えします。

各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが、あなたの経験やご希望に合わせて、キャリアプランをご提案いたします。

転職情報メール(無料)

あなたに合った求人やイベントなどの転職情報をお届けします。

「転職情報メール」サンプル