転職エージェント トップ > 転職用語集 > 電気・機械・自動車系技術職用語 > 内燃機関

内燃機関 (ナイネンキカン)

内燃機関とは、閉じられた空間で燃料を燃やし、そこで発生する爆発、膨張、発熱などを利用して動力とする技術。例えば、シリンダ内で空気と混合させた燃料を爆発的に燃焼させ、ピストンに往復運動をさせる熱機関などをいう。その場合、ピストンの工程や動作によって、4サイクルと2サイクルに大別される。また内燃機関は、使用する燃料により、ガソリン機関やディーゼル機関などに分類され、自動車、飛行機、船舶の動力として利用される。

用語に関連する求人情報

 

  • 3分!年収診断
    簡単な質問に答えていただくだけで、すぐに年収の相場を診断できます!
  • 転職チェックリスト
    簡単な項目を入力するだけで、あなた専用のやることリストを作成。
    「今やらなければいけないこと」をお伝えします。

各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが、あなたの経験やご希望に合わせて、キャリアプランをご提案いたします。

転職情報メール(無料)

あなたに合った求人やイベントなどの転職情報をお届けします。

「転職情報メール」サンプル