転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職ケーススタディ > 不採用を恐れる気持ちと受け身の姿勢が招いた失敗

転職ケーススタディ

成功・失敗事例を通じて転職活動を上手に進めるコツをご紹介いたします。

[失敗]不採用を恐れる気持ちと受け身の姿勢が招いた失敗

小塚さん(32歳) の転職ケース

銀行系列会社 → 銀行を志望し、活動中
年収 : 800万円 → -万円

  • 適正な評価、ポジションを得られる会社に行きたい

今の会社は、自分にふさわしいポジションを与えてくれない…

金融業界で2回転職を経験し、今は銀行の子企業に勤務しています。正直、今の会社を選んだのは失敗でした。中途入社者に不利なことが多いんですよね。バックオフィスの業務に就いていますが、単純作業ばかりで入社時にイメージしていた仕事内容ではなく、今のポジションに納得していません。これまでの実績やスキルが適正に評価されていないと感じているし、これから異動や昇進のチャンスが巡ってくるとも思えない。そこで、見切りをつけて再度転職することにしたんです。
希望は銀行。まず、各行のホームページで採用情報をじっくり見てみました。でも、受けるからには失敗したくない、採用されなければいけないと強く思い、確度を聞くためにリクルートエージェントに相談したんです。
希望条件に合う銀行の求人は複数あり、CA(キャリアアドバイザー)さんに自分の採用可能性について尋ねてみました。すると、CAさんの回答は「いずれも難しい。しかし、可能性がないわけではないので、チャレンジしてみましょう」というものでした。
素直に「はい」とは言えませんでしたね。確実に採用される求人でなければ、応募する気はありませんでした。

ポイント

不採用=失敗と捉えない。応募経験を重ねてこそ成功に至るケースも

応募して不採用になったときのことを想像すると、ためらう気持ちはよく理解できます。しかし、不採用になることは、必ずしも自分が否定される、低く評価されるということではありません。選考は、企業側と求職者がお互いのニーズを探り合う場。「合うか合わないか」の問題なので、本当に自分に合うステージが見つかるまでには、「不採用」を経験することも必要です。また、不採用を経験したことで、自身にとっての課題が見つかり、次の成功につながることも。不採用は失敗ではありません。必要以上に不安がらず、思い切ってチャレンジしてみてください。

「やりたいことをアピールしてください」と言われてもピンと来ず…

「このCAさんの評価は本当に正しいのか?」という疑念も浮かびました。そこで、他の転職エージェントの意見も聞いて判断しようと思い、複数の会社に同じ相談をしてみたんです。すると、どのエージェントからも同じような答えしか返ってきませんでした。
今のままの状態が長引き、年齢も高くなれば、さらに状況が厳しくなるかもしれない…。「可能性はある」ということなので、とりあえずリクルートエージェントから志望度の低い会社に2社ほど応募して、様子を見ようと思いました。
応募にあたり、CAさんからはいろいろな質問をされました。「少しでも可能性を高めるために、有効なアピール材料を探そう」ということらしいです。
特に繰り返し聞かれたのは「やりたいことは何なのか」ということでした。でも、何故そんなことを聞かれるのか、理解できませんでしたね。私の転職の目的は、やりたいことを実現することではなく、適正なポジションを得て自分の力を発揮することなんですから。仕事において自分がやりたいことを主張するなんて青臭い、30歳過ぎた社会人がすることじゃない…CAさんにいくら言われても、そんな風に思っていました。
なので、面接でもこれまでのキャリアのみ説明しました。私の経験やスキルがどのポジションにふさわしいかは、企業側が判断することだ、と高をくくっていたのです。

結果は不採用。企業からの評価は「受け身の姿勢で何がしたいのか分からない、自発性や積極性が感じられない」ということだったそうです。

ポイント

目的意識を持って動く人に、企業は可能性を感じ、期待を抱く

「私のキャリアはこれです。さぁ、評価して活用してください」というように、企業から評価や役割を与えられるのを待つだけの人に、企業は魅力を感じません。「自分はこれがやりたい」「こうなりたい」という意思を持っている人は、自ら努力し、行動を起こし、組織にいい刺激を与えてくれる…多くの企業はそんな期待を抱いています。「できること」と「やりたい」こと、この2つは必ずセットで考えておくことが大切です。

経験を振り返り、やりがいを感じた場面を思い出すことから再スタート

転職活動では、キャリアをアピールすると同時に、今後の目標やビジョンをしっかり伝えることが大事なんだと実感しました。
これまでは、「花形」と言われる部門にいるときは満足、マイナーな部門にいるときは不満…という感じでしたが、自分の経験を一つひとつ振り返り、やりがいや面白みを感じた場面を一つひとつ思い起こしてみようと思います。
それが明確になり、人に伝えることができるようになれば、まだまだ可能性はあると、CAさんも仰っていますからね、
そこからやり直してみようと思います。

担当キャリアアドバイザーより

「年収を○○万円上げたい」「会社の格を上げたい」といったデジタルな条件を重視した転職であれば、独自で活動してもいいと思います。しかし、「自分の志向や価値観に合うステージを見つけたい」「こんな未来を手に入れたい」という思いがあるなら、私たちキャリアアドバイザーにご相談ください。それを実現するためにはどんな選択肢があるか、皆さんが気付いていないものも含め、ご提案します。たとえそれが実現が難しいと思われることであっても、強い意志を持って活動されるのであれば、最後まで伴走させていただきます。

転職支援サービスに申し込む【無料】

関連する転職ケーススタディを見る

成功事例

失敗から始まった転職活動。思い込みを払しょくし、転職を実現

池田さん 32歳  不動産ファンド運営会社のアセットマネージャー → 不動産会社の企画職
年収 680万円 → 580万円

成功事例

自分の技術が通用する、予想外の企業がありました

本間さん 30歳  自動車部品メーカーの設計 → 大手プラント機器メーカーの設計
年収 500万円 → 560万円

失敗事例

知人の紹介で転職。入社後に落とし穴が…

倉田さん 35歳  不動産ファンド運営会社のプロパティマネージャー → 不動産ファンド運営会社のアセットマネジャー
年収 780万円 → 650万円

失敗事例

憧れだけを先行させ、大失敗の転職を経験しました

平野さん 36歳  金融系システムインテグレーターの営業 → 大手コンサルティングファームのITコンサルティング
年収 700万円 → 900万円

数多くの成功も失敗も見てきたキャリアアドバイザーがあなたの状況に合わせて、転職をサポートします。

転職支援サービスに申し込む【無料】

職種から探す 勤務地から探す 業界から探す